三軒茶屋駅前おなかクリニック

WEB予約

胃内視鏡検査
(胃カメラ)

Medical

胃内視鏡検査

わずか直径5㎜程度の太さの胃内視鏡(胃カメラ)を導入し高水準の技術により楽な検査を可能にしています。

鼻からの内視鏡検査は、口からの検査と違って嘔吐反射を起こしません。鼻から入れる場合は内視鏡が舌の根元に触れないので、吐き気(咽頭反射)をほとんどもよおすことなく楽に検査を受けることができます。

かつては経鼻内視鏡検査の欠点であった画質の劣りに関しても、近年の内視鏡装置の精度により高画質な検査が可能となりました。

胃の中を観察する際には、微細な病変を見逃さないように、胃の中を空気で膨らませる必要があります。少しお腹が張った感じになりますが、これは詳細な観察には不可欠です。

当クリニックでは鎮静剤を用いながら、内視鏡検査を行うことで、胃を十分に膨らませた際のおなかの膨満感や圧迫感を感じないように検査を受けて頂くことが可能です。

当てはまる方は
胃内視鏡検査を受けてください。

  • みぞおちや上腹部の痛み
  • 胸焼けがある
  • 喉や胸のつかえ感がある
  • いつもむかむか、もたれ感がある
  • ゲップがよく出る
  • 体重が減ってきている
  • 貧血を指摘されている
  • タバコを吸う
  • アルコールをよく飲む(すぐに赤くなる)
  • 消化器のがんを治療されたことがある

当院の胃内視鏡検査の特徴

1.苦痛を軽減
経鼻内視鏡は鼻にスムーズに挿入できる細さで、検査前に鼻に十分な麻酔を行いますので、痛みを感じることがほとんどありません。
2.嘔吐しにくい
内視鏡が下のつけ根を通らないので、吐き気をほとんど感じずに検査を受けることができます。
3.検査モニターを
見ながら会話ができる
検査中も会話が可能なため、質問リラックスして検査していただくよう静脈麻酔を使用しております。 検査後はリカバリールームで休憩できます。
4.一人一人に
あった検査
内視鏡消毒システムを採用することで大腸菌や肝炎ウィルスなどの病原菌を制御することで、患者さま一人一人にあった内視鏡検査が可能です。
pagetop